ドローン産業を担う人材育成と新規雇用創出

ドローンの利活用は、様々な分野の産業を振興していくことが期待される反面、報道やニュースの通り、安全面に対する課題も多く指摘されています。
和歌山のドローン産業を発展させるためには、ドローンに関する正しい知識と操縦技能を有したプロフェッショナル人材育成が必要だと考えています。
人材育成を行いながら新規雇用創出、ドローン産業に寄与していきます。

講師の紹介

  • 野村晃大
    代表/専任講師

    和歌山田辺ドローンスクールでは、ドローンが当たり前の社会『ドローン前提社会』に向け、自動車教習で培った指導技術を土台にみなさまと共にドローンの可能性を探り、ドローンの安全な操縦、運用を学ぶことを目的としています。※ブログにてちょいちょい顔が出ていますのでブログの方もチェックしてみてください!

  • 網本要生
    専任講師

    4日間という短い期間ですが、共に有意義な時間が過ごせたら嬉しいです。急速に成長するドローン社会に日々奮闘中。ドローンを初めて人生初めての日焼け止めを購入しました。

  • 木下雅晃
    専任講師

    生粋の和歌山人です(2年程でていましたが笑) 様々な分野において可能性を秘めているドローンを皆さんと広めていきたいとおもってます。 是非一緒にドローンについて学んでいきましょう。

  • 鴫原 力三
    非常勤講師

    消防官歴41年。その中で消防大学校へ救助科と航空科の2回入校。また、消防防災航空隊へ副隊長・隊長で3年間派遣される。

  • 大和田 廣中
    非常勤講師

    元消防官。様々な資格を有しており、消防の経験、知識を活かしドローンの人材育成にあたる。